読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Photography&Camera JOURNAL

by LifeStyle STANDARD

iPhoneで夜景撮影 長時間露光も

Photography iPhone

スポンサーリンク

f:id:RECO:20161201193740j:plain

今回は最近iPhoneで撮影した夜景を紹介します。

観光スポットや夜景スポットでもiPhoneで夜景を撮る人って結構多いと思います。

 

実はiPhoneでもアプリを使えばそこそこ綺麗に夜景が撮れる事をご存知でしょうか?

自分は一眼でも写真を撮るのですが、いつも持ち歩いているiPhoneでも極力綺麗に夜景が撮れる方法をいつも考えています。

 

そんな中、最近iPhoneで撮った夜景を何枚か載せておきます。

iPhoneで撮影した夜景

f:id:RECO:20161201194848j:plain

これは雨上がりに水溜りができていたので地面に付けてリフレクションを狙ってみました。カメラは標準カメラを使っています。

f:id:RECO:20161201194915j:plain

こちらはiPhone標準カメラとマクロレンズで街の灯りを玉ボケ風に撮って見ました。

マクロレンズはこちらのレンズを使いました。

fuandstyle.com

f:id:RECO:20161201194937j:plain

こちらは夜景より夕景に近いです。大阪の高速の車の流れを残したいのでスローシャッターを使って長時間露光で撮りました。

この写真は綺麗にiPhoneで写真が撮れる方法をUPしている海外サイトのiPhone Photograhyさんのサイトの都市の風景で紹介して頂けました。

iphonephotographyschool.com

f:id:RECO:20161201195216j:plain

f:id:RECO:20161201195203j:plain

f:id:RECO:20161201195233j:plain

こちらの3枚もスローシャッターを使い車の軌跡をレザービームのように表現したり、光を多く取り入れて標準カメラでは表現できない夜景を撮ることが可能です。

長時間露光は三脚が必須

f:id:RECO:20161201195318j:plain

車の軌跡をレザービームのように残したい時などは、シャッタースピードを遅くして撮るために三脚が必須です。

シャッタースピードを遅くするというのは、簡単に言うとシャッターを押してから切るまでの間隔が長くなる事です。そのためにカメラを動かしてしまうと写真がブレてしまいます。

必ず長時間露光を行うときは三脚を使いましょう。

 

iPhoneを固定するために、マウントが必須です。

スマホのサイズでマウントの幅の大きさが異なるので購入する時は注意して購入して下さい。

最後に

f:id:RECO:20161201141235j:plain

iPhoneで撮影した夜景はいかがでしょうか?

作品やプリントにすると、やはりノイズが出ていて目立ちますがSNS等にアップするのには十分かと思います。

iPhoneは、センサーサイズが小さいので一眼カメラのような凄いクオリティは撮れませんが、ある程度明るさのある夜景では、標準カメラでも綺麗に撮れ、アプリを利用する事で、さらにそれなりの画になります。

 

長時間露光で夜景を撮る時は、「ProCam」で撮る事が多いです。

夜景以外にも、通常のカメラとしてマニュアル設定や4K動画も撮影できるアプリです。

ProCam 4 - マニュアルカメラ + RAW

 撮影方法は、メインブログに記載していますので参考にしてみて下さい。

fuandstyle.com

 

 

2016年にiPhoneで撮ったお気に入りを選んでみました。

yuu-photojournal.hatenablog.com