Recording

by LifeStyle STANDARD

【レビュー】今更ながらSONYのコンパクトなミラーレス一眼「NEX-5R」を購入してみた

この記事をシェアする

スポンサーリンク

f:id:RECO:20161214113032j:plain

今更ながら2012年に発売されたSONYのミラーレス一眼「NEX-5R」を中古で購入してみました。

発売当時はレンズ交換式のコンパクトボディのAPS-Cセンサー搭載でタッチパネル自撮り可能という事でかなり売れた機種です。

現時点では後継機の「α5100」が販売されています。

 

 

実はこれを購入した理由が、一緒についていたレンズ「SELP1650」が欲しくて購入しました。

このレンズはソニーのミラーレス一眼のキットレンズとしてついているレンズです。

f:id:RECO:20161214113637j:plain

今年の元旦早々にこのレンズを落としてしまい、使い勝手の面からいつかはまた購入しようと考えていたのですが、NEX-5Rとこのレンズのセットが安く中古で出ていたので購入したという事です。

 

普段はSONY α6300を使っているのですが、買ったからには1回使ってみようと思って何日か持ち出してみました。

 

その時に気になった点を書いておきます。

コンパクトボディ

f:id:RECO:20161214114024j:plain

上の写真を見ていただいたらお分かりですが、ボディが非常に小さいんですね。

α6300もAPS-C機としてはコンパクトボディな方ですがNEX-5Rはさらに薄くコンパクトです。

もうコンデジに近い感じです。気軽にEマウントボディを持ち出せるのは凄くいいです。

サイズは約110.8(幅)x58.8(高さ) x 38.9 (奥行き)mm

重さは約218gです。

α6300が361gで最新のα6500が410gなので軽さも全然違ってきます。

気軽に持ち運びたい場合やサブ機にはおすすめですね。

180度チルト液晶にタッチパネル

f:id:RECO:20161214114344j:plain

f:id:RECO:20161214114402j:plain

この機種は後継機のα5100と同じように180度のチルト液晶とタッチパネルが搭載されています。

自分は自撮りもタッチパネルも使わないので恩恵は受けませんが、液晶をタッチしてピントを合わせたりシャッターを切ったり、メニュー画面などを操作できたりします。

スマホのようにサクサク感はないですがスマホに慣れている方は使いやすいのではないでしょうか。

操作系がシンプル

f:id:RECO:20161214115218j:plain

f:id:RECO:20161214115222j:plain

続いて操作面ですが非常にシンプルです。

キットレンズでPモードやオートモードでパシャパシャ撮るのが向いているのでしょうか。

モードを切り替える時は、背面のボタンを押して変更します。そのためAモードやMモードなど素早く切り替えたい方には少しタイムラグが生じますね。

自分はこのモード変更とAF/MFが素早く切り替えれないので、メニューから入って探さないといけないので少しストレスを感じました。

 

Fnボタンにある程度使う機能は登録できます。

この操作系はこの機種の特徴なのでそこまで求めるのもおかしいと思うので割り切って使うしかないです。

AFはファストハイブリッド対応

ファストハイブリッドAFなので現行ののα5100のようなAF速度ではありませんが、あまりストレスなくピントを合わせてくれます。

残念な点

一つ残念に思った点は、自分はよくタイムラプスを撮るのですが、タイムラプス撮影時にRAWデータで撮れないことです。

通常の写真はRAWの選択可能ですが、タイムラプス時はJEPGしか選択不可です。

レンズ装着時

それでは少し手持ちの主なレンズを付けてスタイルを載せておきます。

SELP1650

f:id:RECO:20161214121905j:plain

キットレンズです。バランスがよくコンパクトにまとまっています。

SEL35F18

f:id:RECO:20161214121912j:plain

このレンズはα6300につけっぱなしに近くスナップ等はほとんどこれで撮っています。

35mm換算で52mmでF1.8の単焦点レンズで手振れ補正も搭載で使いやすいレンズです。

背景をボカしたい写真などを撮りたいときもおすすめの1本です。

ソニー SONY 単焦点レンズ E 35mm F1.8 OSS ソニー Eマウント用 APS-C専用 SEL35F18

SEL1018

f:id:RECO:20161214121916j:plain

APS-C専用の超広角レンズです。換算で15-27mmと風景や建物、インテリアを撮るときによく使いますが、これを付けるとさすがにバランスが悪いです。

レンズの重さは225gとボディより若干重たいので、装着すると重さが倍になります。

 

NEX-5Rで撮影した写真

f:id:RECO:20161214123615j:plain

f:id:RECO:20161214123624j:plain

f:id:RECO:20161214123635j:plain

f:id:RECO:20161214123630j:plain

f:id:RECO:20161214123642j:plain

OSAKA City by Yuu Photo500px.com

似た写真ばかりですみません。

1610万画素でレンズはすべてキットレンズのSELP1650で撮っていますが、十分といった感じの画質です。

若干、夜景撮影時に露出が暗く感じる事があるのでオーバー気味に撮ったほうがいいです。

 

最後に

もう4年前に発売されたミラーレス一眼ですが、ソニーのミラーレス一眼の技術のせいなのか、あまり古さを感じないというか普通に使える機種で、操作以外は不満なく使えました。

充電しながらの操作は不可ですがUSB充電も可能です。

 

気軽に記録を残すためとかスマホより綺麗に写真を撮りたい方には今ではレンズ付きで2万後半から3万円台で購入でき、おすすめの機種ではないのでしょうか。

Wi-Fi内蔵でスマホの転送もすぐに可能です。

 

また、旅行時に荷物を減らしたいが一眼を持って行きたい方にも非常におすすめです。

やっぱり新しい機種がという方は後継機のα5100もおすすめです。

 

Eマウントをこのコンパクトボディで持ち歩けるならありだと思いました。

 

オススメレンズ