Recording

by LifeStyle STANDARD

【廃止は残念】JR西日本の「昼特きっぷ」が終了します!めちゃくちゃお得だったのに

スポンサーリンク

f:id:RECO:20170908091050j:plain
こんにちはYuu(@yuu_u1)です。

 

残念なニュースがありました。

 

昼特きっぷが終了します!

 

 

 

関西のJR、主に神戸、大阪、京都間で平日午前10時から午後5時まで休日祝は終日利用できる回数券「昼間特別割引きっぷ」、通称「昼特」という非常にお得な切符があります。

 

なんと!これが2018年9月30日に完全に終了となるとのこと。

京阪神地区の主な区間で発売している回数券タイプのトクトクきっぷ「昼間特割きっぷ」(現在の発売期間は2017年9月30日まで)について、2018年9月30日まで発売期間を延長するとともに、2018年9月30日をもって当商品の発売を終了させていただきます(2018年10月1日以降に発売を延長する計画はありません)。

JR西日本

 

前から廃止されるとわ言われていたものの、実際に廃止のお告げが下るとショックです。

 

昼特は回数券だが、金券ショップで1枚単位で買える

この昼特切符は、回数券で以下の値段で購入可能です。

主な設定区間

f:id:RECO:20170908082804j:plain

全設定区間はこちらから。

昼特きっぷは6枚綴りの回数券です。

 

しかし駅の近くにある金券ショップでは、バラ売りをしてくれているんですね。

まあ、数十円はアップして売られていますが。

1回や2回しか使わないのに6枚綴り買うなんてもったいないので、非常に助かります。

 

通常、大阪から京都のJRの通常料金は560円です。

それが、金券ショップの昼特きっぷを買うと約400円です。

 

ちなみに、大阪から神戸の三宮までなら通常料金が410円。

金券ショップで昼特きっぷを買うと約300円です。

 

なので、京都から神戸まで通常料金なら1,080円ですが、昼特利用でなんと!約700円ですからかなりお得なんです。

往復だと760円くらいお得になりますからね。

 

これが廃止になるなんてショックです。関西のJR利用者はみんなショックでしょう。

 

販売期間と利用について

昼特の詳細を書いておきますね。

 

1 発売期間
2018年9月30日(日曜日)まで


2 利用期間
2018年12月29日(土曜日)まで


3 きっぷの内容
・普通列車に乗車できる6枚つづりの回数券タイプのきっぷです。
・平日10時から17時までの間に改札に入れば大丈夫です。

土曜日・日曜日・国民の祝日・休日および年末年始(12月30日から1月3日まで)は、終日利用可能です。


・有効期間は3カ月です。

 

ICOCAのポイントサービスの導入

それに伴ってかどうか不明ですが、2018年の秋からJR西日本ではICOCAの利用に応じた新たなポイントサービスの導入とのことです。

 

 

昼特と同等のサービスになるの??

www.westjr.co.jp

 

最後に

昼特きっぷの廃止は悲しすぎます。

 

2018年9月30日までの販売で、それから3ヶ月は有効可能なので、とりあえずまだ利用可能ですね。

 

まだ終了するまでに関西に来た時は、これ絶対に利用時間内だったら使うべきです。

甲南チケットなどで購入可能です。

 

普通、快速、新快速で利用可能です!

 

金券ショップでバラ売りで売っています。

「昼特下さい!」で通用します。

 

これが終了したら、京都大阪間は阪急の400円に乗り換えようかな…