Recording

by LifeStyle STANDARD

「B&O Beoplay E8」 独立型ワイヤレスイヤホンの本命!SONY「WF-1000X」や AirPodsと比較したけど

スポンサーリンク

f:id:RECO:20170909212352p:plain



こんにちはYuu(@yuu_u1)です。

出るんですね!B&Oから独立型のワイヤレスイヤフォンが!

タッチセンサー搭載で美しいデザインです。

 

先日、SONYから独立型のワイヤレスイヤフォンが出るので少し舞い上がって下の記事書いたのですが…

yuu-photojournal.hatenablog.com

なんかバッテリーケースが大きくてしっくりこなかったんですよ。

それでAppleのAirPodsかなと思っていました。

 

そのあとツイッターで教えてもらいました。

 

 

B&O Beoplay E8

f:id:RECO:20170909212958j:plain

B&O Playとは、デンマークのハイエンドオーディオブランド、バンク&オルフセンのカジュアルラインです。

いよいよBeoplay E8と名で独立型のワイヤレスイヤフォンが登場です。

 

自分は、B&O Beoplay H5というワイヤレスイヤフォンを使っているのですが、先日の記事でも書いたように、どうも充電時間が自分の使う用途には足りなく充電器を持ち歩くのも億劫なので、どうせなら独立型のワイヤレスイヤフォンにしようか悩んでいました。

f:id:RECO:20170907144558j:plain

Beoplay H5 音質やデザインは問題なしです

ケースはコンパク 

f:id:RECO:20170909214057j:plain

独立型のワイヤレスイヤホンで一番気にしている充電ケースもBeoplay E8はかなりコンパクな印象です。 
 

 

f:id:RECO:20170907152315j:plain

SONYの「WF-1000X」は、ケースが大きくてちょっと不満でした。

 

f:id:RECO:20170907152612p:plain

 AirPodsのケースよりかは大きそうですが、そこそこコンパクトじゃないですか??

ケースサイズ比較

そこでケースのサイズを比較してみます。

ケース Beoplay E8 AirPods WF-1000X
サイズ
mm
47 x 33×73 44.3 × 21.3 × 53.5  
重量 45g 38g 70g


SONYはサイズが載っていませんでしたが、写真や重量からするとかなり大きめです。Beoplay E8はいい感じです。

本体サイズ

本体のサイズはどうでしょう?

本体 Beoplay E8 AirPods WF-1000X
サイズ
mm
23 x 20 x 25 16.5 × 18.0 × 40.5  
重量 右7g 左6g 各4g 各6.8g


 少し大きいようですが、AirPodsの下に垂れ下がっているデザインよりはこちらの方が好みです。

再生時間

続いて再生時間をみてみます。

  Beoplay E8 AirPods WF-1000X
再生時間 4時間 5時間 3時間
充電ケース
併用
12時間 24時間以上 9時間


Beoplay E8は一回の使用で4時間で、ケース仕様で12時間なので優秀ですね。    
AirPodsはさすがに優秀です。

B&OとSONYは、ともに充電ケースで2回フル充電可能です。

 

サイズ面や再生時間面ではSONYは少し他の2社と差がありますが、SONYの「WF-1000X」はノイズキャンセリングが搭載されております。

 

SONY「WF-1000X」と AirPodsの比較はこちらの記事を参照ください。

yuu-photojournal.hatenablog.com

 

B&O Beoplay E8の特徴

f:id:RECO:20170909224435j:plain

B&O Beoplay E8は自分の中では充電ケースの大きさも使用時間も問題なさそうです。

では、どんな特徴があるのか見てみます。

 

こちらは公式の動画です。

www.youtube.com

動画からもわかるようにデザインがカッコイイです。というより無駄がないデザインです。

f:id:RECO:20170909225307j:plain

f:id:RECO:20170909225153p:plainアルミやステンレス、レザーが使われていて素材からも高級感漂うデザインです。

f:id:RECO:20170909225509p:plain

左右両方の筐体にタッチセンサーを搭載し、音楽の再生/停止や曲送りなどの操作が可能です。

AirPodsのような操作性ですね!物理ボタンだと押した時にイヤフォンがズレないか心配ですが、タッチセンサーならスマートに便利そうでうす。

 

その他にも以下の特徴があります。

4段階で周囲音の聴き取りを調整できる新技術・Transparency Modeを搭載。

Beoplay Appを使用することによりサウンドの調整が可能です。

f:id:RECO:20170909233829p:plain

 Bluetoothのバージョンは4.2でAACコーデックに対応のみのようです。

5.7mmのダイナミックドライバーを搭載し、周波数特性は20Hz~20kHz。

 

B&O 最後に

www.youtube.com

本当に美しいデザインですねB&O Beoplay E8

でも、ここまで記事を書いてテンションが上がってきましたが、まだ日本での発売は未定です…

 

現段階では欧州では10月に299ユーロでの発売を予定です。

 

AirPodsのようにタッチセンサーを搭載していて、気になっていた充電ケースも気になる大きさではないので、この美しいデザインのワイヤレスイヤホンが本命です。

 

日本で発売されるまで待ちます!

 

参照:https://www.beoplay.com/landingpages/beoplaye8#intro