Recording

by LifeStyle STANDARD

新緑に癒されるなら、特別拝観中の京都「瑠璃光院」は最高の場所

スポンサーリンク

f:id:RECO:20170424152405j:image

桜の季節も過ぎていき、いよいよ新緑の気持ちいい季節になってきました。

新緑といえば、まずじぶんが行きたくなるのが京都です。

 

京都は紅葉の時期は凄まじく人が溢れかえりますが、その紅葉の名所は今から緑に覆われてきます。

いや、もう既に気持ちのいい新緑に包まれています。

 

今やSNSの効果もあり人気となった瑠璃光院に今年も行ってきました。

 

春と秋に特別拝観を行なっていて、拝観料は通常のお寺に比べると高い2,000円ですが、瑠璃光院の美しい景色を見たいがために、行列を成す日もあります。

そのため去年の紅葉はパスしましたが、新緑の瑠璃光院は紅葉時期に比べると空いているので、この時期は瑠璃光院へ足を運ぶようにしています。

瑠璃光院の新緑は心を癒される

ではでは、去年と同じような写真ですが今年も撮ってきたので紹介します。

f:id:RECO:20170424163618j:plain

f:id:RECO:20170424164150j:image

入り口から既に新緑が溢れて落ち着いた雰囲気です。

f:id:RECO:20170424164318j:image

f:id:RECO:20170424164336j:image

f:id:RECO:20170424164721j:image

f:id:RECO:20170424164727j:image

青もみじを見ると新しい季節を感じます。

書院から見る景色は絶景かつ癒し

入り口から参道を通りようやく書院へと進んで行きます。

まずは二階から通されます。

f:id:RECO:20170424164544j:image

階段を上がりまず見える景色はこの景色。

部屋の中は薄暗く、窓に映し出される緑の景色だけが浮かび上がってる感じで冷んやりした空気感と少し汗ばむ季節には最高の眺めです。

瑠璃光院と言えばこの景色

f:id:RECO:20170424165329j:image

大きな窓に映し出される緑は癒しそのものです。

f:id:RECO:20170424165340j:image

f:id:RECO:20170424165423j:image

テーブルや床にリフレクションされた緑を一緒に撮影すると一層、瑠璃光院の美しさが表現されます。

f:id:RECO:20170424232918j:plain

f:id:RECO:20170424213453j:image

一階の書院からです。一階ではお茶を飲みながらこの景色を楽しむことも可能です。

個人的には1階からゆっくり縁側に腰掛けてこの景色を眺めるのが好きです。

f:id:RECO:20170424232752j:plain

f:id:RECO:20170424232823j:plain

f:id:RECO:20170424232834j:plain

f:id:RECO:20170424232852j:plain

f:id:RECO:20170424232923j:plain

最後に

京都八瀬の瑠璃光院。

京都の中心からは少し外れた静かな場所にありますが、日々忙しく過ごしている方や休日はゆっくりしたい方にもおすすめの場所です。

 

春の特別拝観は以下の日程

2017年4月15日から6月15日の2か月間

拝観時間:10:00~16:00(閉門16:30)

拝観料:2,000円

 

朝の開門時に訪れ心をすっきり清らかにさせて、そのあと電車で出町柳まで戻り、下鴨神社や鴨川公園あたりを散歩するコースもオススメです。

 

fuandstyle.com

アクセス

周辺には駐車場がないために「出町柳」より電車で行かれることをおすすめします。

京都府京都市左京区上高野東山55

 

使用カメラなど