Photography&Camera JOURNAL

by LifeStyle STANDARD

MENU

「iPhone 7 と7 Plus 」で綺麗に写真を撮るならRAW撮影がおすすめ。京都の新緑を撮ってみた

スポンサーリンク

f:id:RECO:20170429123806j:plain

 

先日も新緑の記事をアップしましたが、また京都へ新緑第二弾ということで行ってきました。

 

yuu-photojournal.hatenablog.com

詳しい記事はまたアップするとして、今回はiPhoneで撮った写真を紹介します。 使ったカメラアプリはAdobeの「Lightroom」です。

Adobe Photoshop Lightroom for iPhone
(2017.04.28時点)
posted with ポチレバ

このアプリは前にも書きましたが、編集以外にもカメラ撮影も可能で、RAWで撮影も可能です。いざという時は標準カメラ以外にもこのLightroomのカメラで撮っています。

 

yuu-photojournal.hatenablog.com

 

iPhoneで撮った京都の新緑

f:id:RECO:20170429123830j:plain

 

この写真は空の明るさを飛ばさないためにアンダー気味で撮ったために、下の川は撮った時には真っ暗でしたが、編集で復活させることができました。

追記

簡単にRAWについて書いておきます。

デジタルカメラで写真を撮る時にRAWで撮影できるカメラであればRAWJPEGで撮るか選択可能です。

通常はJPEGになっています。

JPEGの場合

JPEG設定で写真を撮る→カメラ内で適正な色に現像してくれる→写真(JPEG)

RAWの場合

RAW設定で写真を撮る→RAW現像専用ソフトで自分の適正な色に仕上げる→写真(JPEG)

 

RAW設定で撮影した場合は普段カメラが適正な色で写真にしてくれているのを、自分で編集というか現像して適正な自分なりの写真に仕上げることです。

そのため、写真になる前の生のデータなのでJPEGに比べて編集しても綺麗に編集できます。

※RAWデータはJPEGに比べてデータが大きいので容量に注意してください。

f:id:RECO:20170428155524j:plain

こちらがRAWで撮った時の写真です。

この写真をLightroomでRAW現像して上の写真に仕上げました。

 

f:id:RECO:20170429123856j:plain

f:id:RECO:20170429123921j:plain

この竹林の写真も空の明るさが飛んでいましたが、なんとか使えるレベルまで戻せました。

 

f:id:RECO:20170429124000j:plain

f:id:RECO:20170428162258j:plain

最後に

一眼や高級コンデジでRAWで撮った後のような工程で編集できて、一番じぶんが気にしている明暗差などもうまく調整できるのですごく便利で安心して写真を撮ることができます。

 

これにあと、一眼のように被写界深度の浅いボケるような写真がポートレートモード以外で撮れるようになるとiPhoneがますますカメラとして使えますね。

 

デジカメではRAW撮影や現像に抵抗があった人でも手軽にiPhoneから可能なので、気になる方はぜひ「Lightroom」でRAWで撮影して現像してみてはいかがでしょうか。

Adobe Photoshop Lightroom for iPhone
(2017.04.28時点)
posted with ポチレバ